2020.04.14

従業員・現場作業員が感染した場合の対応策/感染者のプライバシー保護・個人情報保護法

匠ニュースラベル

会社の工事現場でもいつ感染者が出るか分からず、このような事態が発生した場合の対処法につきまして、今回のテーマは、「従業員・現場作業員が感染した場合の対応策/感染者のプライバシー保護・個人情報保護法」です。

建築現場の職人から感染者が出た場合に、施主への報告はもちろんのこと、\マンションリフォーム工事ですと、マンションの入居者全体への報告など、様々な対応をしていかなければなりません。

他方で、感染者のプライバシー、施主の部屋番号と言った個人情報の取り扱いについては、個人情報保護法を遵守した対応をしていかなければなりません。想定される感染者発覚のリスクにどのように備えるか、という観点から解説をしております。

※添付ファイルを解説する映像を匠総合法律事務所HP(外部リンク)の法律顧問先企業様専用ページにアップロードいただいております。そちらもあわせてご覧いただければと思います。ログイン方法等については、下部「法律顧問先企業様専用ページのご案内」に記載しておりますのでご確認ください。


匠総合法律事務所

あいけん顧問弁護士『匠総合法律事務所』のHPへのリンク、会員ページマニュアルです。