2020.05.28

WEBセミナー「Zoomのバーチャル背景利用の著作権法違反リスク」

匠ニュースラベル

今回のテーマは、WEBセミナー「Zoomのバーチャル背景利用の著作権法違反リスク」です。

新型コロナウイルス感染症拡大防止措置のため、Zoomによるテレビ会議を活用した商談、設計打ち合わせの機会が増えている事と思います。

住宅会社の社員さんの多くも在宅ワークで、自宅からテレビ会議接続をしている人もいらっしゃることでしょう。その際、自宅の背景をテレビ画面に映し出したくない、と思う社員さんも多いことでしょう。

Zoomの便利な機能に、Zoomの背景を自分でカスタマイズできる機能「バーチャル背景」があります。海水浴場のバーチャル背景など、様々なバーチャル背景は、私もテレビ会議の法律相談でよく見ています。しかし、このバーチャル背景を、ネット上で落ちているコンテンツを背景に使う場合には、著作権法に気をつけなければなりません。

今回は、Zoomのバーチャル背景利用について、どのような場合に著作権法違反リスクがあるのかについて解説いたします。

※添付ファイルを解説する映像を匠総合法律事務所HP(外部リンク)の法律顧問先企業様専用ページにアップロードいただいております。そちらもあわせてご覧いただければと思います。ログイン方法等については、下部「法律顧問先企業様専用ページのご案内」に記載しておりますのでご確認ください。


匠総合法律事務所

あいけん顧問弁護士『匠総合法律事務所』のHPへのリンク、会員ページマニュアルです。