そもそも国民健康保険とは

国民健康保険とは

市町村、または一定地域の同業種の組合員からなる国保組合の2つがあります。国保組合は、国民健康保険保険法に定められている医療保険で、自主的に運営する事が出来ることから実態に即した給付や補助を受けることができます。

あいけんで加入できる国民健康保険は建設連合国民健康保険となります。

組織図

建設連合国民健康保険は、日本建設組合連合に加盟する組合が運営できる健康保険。昭和45年7月に愛知県知事より認可を得て設立され、公法人として法令や規約などの定めに従い、組合員からの保険料と国からの補助金で運営されています。

国保組合ならではの充実した補助制度も。

組織図

平成31年度保険給付(抜粋)

※建設連合国保組合独自
一部負担割合 組合員・家族3割但し、義務教育就学前(6歳に達した3月31日まで)…2割 70歳以上方…2割(現役並み所得の場合…3割)
傷病手当金 組合員の3日以上の入院で、1日につき5,000円支給(条件あり)※建設連合国保組合独自
出産育児一時金 420,000円(産科医療補償制度未加入の分娩機関は404,000円)

高額療養費、療養費、移送費、入院時食事療養費など

平成31年度保健事業(抜粋)

人間ドック等補助金(16歳~74歳の方) 年度に1回まで11,000円までの実費、もしくは総額の7割の補助(補助の限度額は30,000円まで)
インフルエンザ予防接種補助金 年度内で1人6,000円までの補助
契約保養施設利用補助金 全国約700の契約保養施設に宿泊した場合に、1人につき一泊4,000円までの補助(年度内2泊まで)
特定健康診断(40~74歳の方) メタボリックシンドロームに着目した「特定健診」(無料)
歯科健康診査の補助 希望者に対して9月~11月末に実施(費用無料)

あいけん独自の給付

傷病手当金 30日以上連続して入院の場合 12,000円給付(組合員のみ)
出産お祝い 組合員14,000円 家族8,000円
小学生就学お祝い 図書カード 3,000円
葬祭費 組合員80,000円 配偶者20,000円 家族10,000円
契約保養施設利用補助金 3,000円(組合員のみ)

健康管理と健康づくり

健康保険

建設連合国保に加盟しており、建設業に従事する方々とその家族の健康管理や健康づくり、老後の生活設計など、役立つ保険事業の充実に積極的に取り組んでおります。

加入条件と費用について

仕事の安心『労働保険』

ご家族、親御様にもご安心していただける労災保険・雇用保険(事業主様向け)